スクールコンタクトを申し込まれる組織の方へ

最近スクールコンタクトを申し込まれる組織の中に交信日時を指定される方がおられますが、交信が可能な日時は

1.交信地点の上空を通過すること(使用周波数が144MHz帯ですので、交信場所とISSの間に障害物がない状態の通過時刻です。)
2.宇宙飛行士の勤務時間であること(日本時間で17時から翌朝の4時までの間であること。16時半頃からであれば、可能な時もあります。)
3.宇宙飛行士の本来の業務と重ならないこと。
4.交信割り当てが地域によって偏らないこt。
が国際宇宙ステーション側の都合ですが、それ以外に国内での申請では
5.小・中学生が交信する事を考慮して、21時以前の交信時刻であること。この時間帯外でも、上記の2の時間帯で交信可能な場合(深夜でも交信可能な場合)は、申請書にその旨記入してください。

これらの条件を考慮して、NASAから交信可能な週が示されます。NASAからは、交信可能な複数の日時の一覧表が示されます。実施組織は、この一覧表に希望順位を付けてNASAに届けます。NASAは、希望順位と宇宙飛行士の業務を考慮して交信日時を決めます。ですので、交信可能な日時の一覧表に示された日時以外の交信日を指定することはできませんので注意してください。

注意 国際宇宙ステージョンで使用されている時刻は、国際標準時のUTC(GMT)です。日本の時刻と9時間の差があります。日本の時刻から9時間引いた時刻が、国際宇宙ステーションでの時刻です。

安田 7m3tjz



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック